クラウドファンディングを利用した資金集めについて紹介しているサイト

>

クラウドファンディングにおける資金調達のハードルとは

この記事をシェアする

公益性の無いものは賛同を得にくい

クラウドファンディングのサイトを閲覧すると、目的もさまざまなプロジェクトが数多く存在している訳ですが、何らかの実績のある人や既に何かのバックボーンのある人が派生として何かのプロジェクトを立ち上げる場合には資金が集まりやすいという傾向はどうしてもあるでしょう。
有名無名と比べて無名の人が1から立ち上げるプロジェクトであれば、自分の利益に特化した目的のプロジェクトはなかなか賛同を得にくいのは現実としてあります。

また、公益性があったとしても既に国や別の誰かが始めているプロジェクトの場合にもなかなか賛同を得にくいという点もあります。
私利私欲ではなく公益性があるのか、既に誰かが発案し実行しているものではないかなどさまざまな視点で吟味する必要があるでしょう。

目標額が期日までに集まるとは限らない

クラウドファンディングでは目標設定額というものを設定しますが、当然ながらこの目標額に至らないまま期日を迎えるプロジェクトはたくさんあります。
目標設定額に到達しなければ立ち上げのできないものもあれば、目標に達していなくてもある程度の資金が集まっていれば実現可能なものまでさまざまです。

資金を募る機関も設定することになりますが、その間どのくらいの速度でどれだけの資金が集まるのかが実際にやってみて期日を迎えるまで分からないという点も踏まえておかなければいけません。
なので、資金調達を急ぐ場合やまとまった資金が必ず必要な場合には向かない資金調達方法であるといえるでしょう。
資金や期日に余裕がある場合に何らかの目的意識を持って取り組める人にはオススメです。


トップへ