クラウドファンディングを利用した資金集めについて紹介しているサイト

>

インターネットによって可能になってこと

この記事をシェアする

プロジェクトの内容や熱意を伝えよう

クラウドファンディングは始めやすいというメリットがあるものの、プロジェクトが審査に通る必要はあるので、どんなプロジェクトでなぜそれを成し遂げたいのかや、目標設定額の妥当性などをしっかり練る必要があります。
資金が欲しいからとやみくもにプロジェクトを立ち上げて資金を募ることはなかなか難しいでしょう。

審査員の目に映った時に、明確な目的意識があって且つそれが利己的なものではなく夢のあるプロジェクトが良いですが、どんなに良いプロジェクトであってもそれを分かり易く裏付ける計画書の作成も大切なので、ここが適当だとなかなか難しいでしょう。
目標を成し遂げたその後についての展望も加えてなるべく具体的なものを作ることが望ましいです。

審査を通過したら登録と宣伝をしよう

無事にプロジェクトが審査を通過することができたら、プロジェクトの登録をします。
クラウドファンディングを手掛ける企業はいくつかあるので、最初にどこで募集をかけるか見定めて決めておきましょう。

プロジェクトの登録ができたら、以降は自動で資金が集まるかというと、なかなかそこまで都合よくはいかないことが多いのが現実です。
よほどプロジェクトに公益性があり、たくさんの人の心を掴むような内容であるか、または現在ニーズの高い分野であるなど例外もありますが、ほとんどの場合はその後のアクションが資金集めを左右すると言って良いでしょう。
掲載されているプロジェクトをより多くの人に知ってもらい、賛同を得るためにはSNSやブログなどでアピールすることも必要でしょう。


トップへ